いまこそ正念場「暮らしと平和を守ってがんばります」

くらし
憲法25条で健康で文化的な生活が保障されています。しかし安倍政権によって、年金、医療、雇用、介護、子育てなど、どの分野をとっても改悪され、貧富の格差も広がってきています。
市民の生活を守るべき自治体の役割はますます重要です。皆さんの切実な声、確実に届けてまいります。

平和
憲法を守るべき立場である行政のトップ安倍首相が、自衛隊の海外派兵や北朝鮮の動きを口実に、いま声高に憲法改定を叫んでいます。
9条に自衛隊を書き込むことは「9条の精神が失せてしまう」と戦争体験者や平和を願う人たちが心配しています。
三千万人署名に取り組み「平和憲法守れ!」「兵器より年金増やせ!」「若者に戦争をさせるな!」の声、もっともっと響かせましょう。

関連記事

  1. 切実なくらしの声、届けます
  2. 母と子のねがい、くらしの声を市政に
  3. 市民の皆さんと一緒に・・・川内やちよの活動
  4. 「核兵器のない世界」を目指して
  5. 皆さんから喜んでもらえる仕事を・・これからも
  6. 市民が主人公の中津をめざします。
  7. 家族農業で持続できる社会への転換を
  8. 5つの約束

最近の記事

PAGE TOP